ロンドーBLOG

~大立寺お寺内サークルブログ~

このブログは、主に大立寺内サークル『ロンドー』の活動について書いています。
このブログについて詳しくは、『ごあいさつ』をご覧下さい。
また、大立寺については、ホームページがありますので、http://dairyuji.netをご覧下さい。
ロゴ2

「御会式」並びに「狂言鑑賞会」のご報告①

今年の御会式&狂言鑑賞会が終わって、早一週間が過ぎようとしています。
今年は、お盆と秋のお彼岸の施餓鬼法要の日に台風が来、お彼岸の日にはさらにお葬式が重ねっておりました。
11月3日は、天気は曇りでしたが何とか持ちこたえ、準備も滞りなく終わり当日を迎えられました。
が、ただ今、静岡からの帰りの新幹線でこのブログを書いています。当日の法要開始直前に訃報の一報が入り、法要後に連絡。焼津の檀家さんでしたが、行くことになり昨日今日のお葬式となりました。
遠く離れてもしっかりと檀家付き合いを続けて下さるとは、何とも有り難いことです。

そして、これで一息つけるかなと思っていましたら、昨日、静岡に着いた直後にまた訃報。
帰京したらすぐそちらのお家へ向かいます。

今年は、私の祖母も亡くなった年。あれだけ元気で、みんなと楽しいことをするのが好きだった祖母が亡くなりました。一人で逝くのは寂しいからと、おいでおいでと呼んでるのかと思ってしまいます

御会式に続いて、開催しました「狂言鑑賞会」は今年も楽しくできました
その時の様子は、写真を添えて改めてご報告します。

令和元年度「御会式」並びに「狂言鑑賞会」のご案内

非常に大きな台風が迫ってきましたね…
お寺は高台にありますので風をまともに受けます
関東の方に進んでいくようですが、お寺もすべての雨戸を閉め、飛びそうな物はすべて屋内に避難させ、できる限りの対策を取りました
少しだけでも勢力を弱めて、日本を逸れていってくれることを祈るばかりです🙏

今年もたくさんの自然災害に見舞われていますが、日蓮聖人のおられた頃も天変地異が続く厳しい時代でした。その災難を除く鍵は法華経にあると突き止め、その布教に一生を捧げられたのが日蓮聖人でした。

その日蓮聖人のご遺徳を偲ぶ法要『御会式(おえしき)』が、日蓮宗の各寺院で
10月から11月にかけて営まれます。
今年で第738回目となります。

報恩感謝の気持ちを伝えるべく、纏(まとい)を振って、笛や鉦を鳴らして、たくさんの花に彩られた万灯の行列をする様子は、あたかもお祭りのようです。

04c535d1

大立寺では、纏や万灯とはいきませんが、文化奉納をするという気持ちで、『御会式』法要に併せて一昨年までは『雅楽コンサート』を、昨年からは『狂言鑑賞会』を行っております。

1a28b7eb
今年は、昨年していただいたカンパのお陰で、本格的な衣装を着けての狂言をお楽しみいただけます

この法要と狂言鑑賞会は檀信徒の方に限らず、どなたでも参加して頂けます。一般の方は、鑑賞会からの参加でも構いません

お寺に足を運んでもらい、日本の伝統芸能に親しんでもらうことは、小さなお子様やお孫様にも、きっと良い経験になることでしょう。

老若男女を問わず、みな様お誘い合わせの上、お気軽にお越し下さいm(_ _)m


以下は、詳細とチラシです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

○日時:11月3日(日、文化の日

    12時より……うどん・そば・たこ焼きの粗供養
         (無料)

    13時より……御会式法要

    14時半より…狂言鑑賞会(小一時間)

○場所:大立寺本堂

○その他:

1.狂言鑑賞会のみに来られる方は、大立寺庫裡にてお待ち下さい。

2.うどん・そば・たこ焼きの粗供養は12時から16時頃まで行う予定です。遠慮なくお召し上がり下さい。

3.駐車スペースあります。

4.以下は案内チラシの画像データです。
御会式案内(一般用最終)R1年度版3

※檀信徒のみな様には
当初、11月4日(月)と案内しておりましたが、例年と同じ11月3日(日)に変更となっておりますのでご注意下さい。

結岸を迎えて

本日は、1週間あるお彼岸の終わりの日、「結岸」でした。
その日にこんな状態の彼岸花…。
DSC08469

まあ何とか間に合ったと言えば、間に合ってますが(笑)
やはり例年より涼しくなるのが遅いのでしょうね。
毎年見事に、彼岸の入り頃に合わせて咲くのですが

異常に暑くなったり、急に涼しくなったり、お盆に続いてお彼岸の中日にも台風が来たりと目まぐるしい天候が続きましたが、そんな中、何とか23日に彼岸会施餓鬼法要をお勤めさせていただきました。
当日は、雨は降らなかったものの、やはり台風の強い風でお参りの方は少し少なかったです。風にあおられてケガでもされたら大変なことですので仕方ないですね

異常なことは重なるもので、彼岸中にお二人の方が亡くなられるという非常事態も発生し、今日までバタバタしておりました。それで、ブログのアップが遅れたのですが…(言い訳(^_^;)
喪主様と日程調整をし、お二人ともきちんと送らせていただくことができました。こちらも無事に終われて良かったです

とはいえ、九州豪雨の被災地域や千葉の台風や停電の被災地域の方々にしてみれば大変さの度合いが違います…
東北の震災などどんな災害でも被災された方々は、そうでない者の想像を絶する被害に遭われています。
ちょっとバタバタしたくらいで大変だぁ(>_<)何て言ってられませんね

お彼岸は先祖供養と六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・禅定・精進・智慧)の仏道修行に励む期間ですが、今回のお彼岸では、「自分のだけでなく、他者のために祈りをささげる」ことも立派な「布施行」であるとお話しさせていただきました。
参詣の方々とともに、改めて被災地域の一日も早い復旧・復興をお祈りさせていただきました。

まだまだ荒れた天候は続くと思いますが、「大難は小難に、小難は無難に」とご祈念しております。
最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 第15回 信行会のご案内
  • 節分会2020
  • 寒行2020
  • 寒行2020
  • 寒行2020
  • 祖母一周忌
  • 令和2年も宜しくお願い致します🎍
  • 2019年を終えて
  • 千葉団参☀
QRコード
QRコード