5月6日、ゴールデンウィークの最終日、告知の通り「H25年度竹の子掘り&焼き芋大会」を開催しました

当日は、晴天に恵まれ、気温も上がり、絶好のアウトドアイベント日和となりました

今年の参加者は何と総勢52名ついに50人の大台を突破しましたDsc00593_2

まずは、本堂にて、みなさんと「お花祭り」の法要から。これは、お釈迦様のお誕生日をお祝いする法要です

Dsc00599_2


みなさんに、お焼香と甘茶掛けをしてもらいました。

お釈迦様の誕生日は4月8日なのですが、大立寺では昔から、旧暦の一月遅れで行っているので、その近いこの日に併せて行うことにしました。

いつもは一人で法要しているだけなのですが、今年はたくさんの方々と手を合わせられて、大変有り難かったです

今後も、できるだけこのような形で続けていきたいと思っています

それから外へ出て、まずは焼き芋の準備

Dsc00619_2


Dsc00622_2


Dsc00627_2


サツマイモを新聞でくるんで、水に浸して、アルミホイルで包みます。それをみんなで用意してから、
落ち葉拾いへ 

Dsc00659_2

すごい人数での落ち葉拾いはすぐに終わってしまい、いよいよ着火焼き芋作りの開始です

Dsc00703_2


ここまでして、ようやく竹の子掘りへ向かいました

Dsc00712_2


今年は、こんな感じで山に登っていきました。何というか圧巻(笑)

Dsc00731_2


しかし、期待を胸に山に入ったにも関わらず、15分経っても1本も見つからない…

今年は、昨年とは対照的に、近年稀に見る不作だったのです

地域によっては採れている所もあるとのことでしたが、山科のこの地域はどこもかしこもほぼ不作。50人で探して無かったので、相当酷いものでした

とはいえ、少し山奥に入った所に、小さな小さな竹の子を数本見つけたので、何とか掘っている画(え)は撮れました(笑)

Dsc00763_2


Dsc00770_2


このイベントを始めて、ここまで採れなかったのは初めてでしたが、竹の子も自然の物今年の不順な天候を考えれば納得できるかなと思っています

そして、実は、竹の子が採れず子供たちががっかりしてしまうときの「保険」として、毎年準備してきた「焼き芋」が、「初めて」大いに役立ちましたこれほど用意しておいて良かったと思ったことはありません

Dsc00809_2


Dsc00834_2


「保険」って大切ですね(笑)

Dsc00851_2

しかも、こういった事態も想定し、竹の子とコネのある友達(笑)にお願いしておいた私

当日、友達に届けておいてもらった別の山の竹の子のお陰で、子供たちには満足して帰ってもらうことができました

Dsc00874_2

…何か少し違う気もしますが、この「保険」も有効に使えました(笑)

事故が起こらないのが一番いいのですが、起こったときにいかにクールにやり過ごせるか。今年はホントにいい経験を積めました(笑)

竹の子的には残念な年となりましたが、結果的にはみんな笑顔で帰ってくれたので、今年もいいイベントになったと思っています

そして、今年の経験を通して、本当に竹の子が採れなくてもこのイベントは成り立つんだいう確信を得られました。これからは、「竹の子採れなかったらどうしよう」などという心配をせずにすみそうです

Dsc00893_2

たくさんの子供たちが、お寺に集まって、「お花祭り」を営み、みんなで仲良くワイワイする実に有り難いことですこれからも是非続けて開催していこうと思っています

Dsc00862_2

ちなみに、

子供たちだけでなく、若い一般の人たちも、たくさん足を運んでくれました。友達が友達を連れてきてくれています

Dsc00920_2


片付け・解散後、行ける人たちだけですが、打ち上げに行きました

お寺に来るのが初めての人もたくさんいましたが、すぐに馴染んでくれて、幅広い分野の意見交換をすることができましたこちらでも大変有意義な時間を過ごせましたもしかしたらこちらの方が、彼らには楽しかったかも

あまりに素敵な時間過ぎて、帰ってきたのが次の日になっていたのは秘密です…(笑)