昨日16日、13時より予定通り、盂蘭盆施餓鬼法要をお勤めし、今年のお盆を無事終えることができましたm(_ _)m

多くの参拝者と共に、あらゆる全てに回向・供養をささげ、ご先祖さまをお送りさせていただきました

やっぱりお盆は「あらゆる全てに」がキーポイントです

このことを中心に法要後は、お話を致しました

全体的には、今年は「世代交代」をつくづく感じるお盆でした

私が導師を勤めるようになって、早7回目の”夏”だったのですが、法要に来られる方の顔ぶれも、7年前と比べると随分変わったように思います。

毎年同じことをしているようですが、”時”は確実に流れているのだなぁとしみじみ

個人的には、先日の墓回向で、足を痛めたもののしっかりとケアし、終わってみれば、この暑さも何のその、これまでで一番、疲れの少ないお盆であったように感じています

これまで蓄積してきたデータによって、お盆の棚行もほぼ予定通りお参りでき、法要を終えるまでに必要な準備もすべて慌てることなくできました

”慣れた”と言えばそれまでですが、周到な準備による精神的な余裕が一番疲れを和らげてくれたのだと思っています

さて、夏はまだまだ続きます

19日からは子供達向けのお寺でのサマースクールに、地蔵盆、月末には富士山登山が待っています

少ないだけで十分疲れてはいるのですが(笑)、ゆっくりと休んでなんていられません

湿布貼って、栄養剤飲んで、突っ走ります(笑)
Photo_2