東日本大震災から丸3年を迎えた昨日3月11日は、自坊で静かに祈りを捧げておりました

今年は、3月9日に、私が所属する青年会の「勉強会」を開催したこともあり、現地に赴くことができなかったのですが、この日にも参加者の皆さんとともに、手を合わさせていただきました。

自らも、震災の記憶が風化していっていると、正直、感じておりますが、せめてこの間だけでもしっかりと、現状を認識し、国の将来のことを考えなければならないと思います。

さて、そんな中、開催致しました「勉強会」、まとめきれなかったという反省もありますが、

全体的には、「お坊さんとじっくり語ろう」というテーマの下、職業、年齢バラバラな人達と活発な意見交換ができ、興味深い時間を過ごせたと思っております

詳しくは、こちら(青年会のブログ)をご覧下さい。

ちょくちょく、色々な人達との出会いの「場」は作っておりますが、その中で、しっかりとテーマを決めて議論をするという機会はあまり多くありません

普段はそれほど感じなくても、やはりこういう頭を使う場では、自分の勉強不足を痛感させられます

まだまだです、ホント

これからも、目標しっかり持って、学び・考え・実践する時間をより多く作っていきたいと思います

ガンバリます(>_<)/