申し分のない秋晴れとなった昨日、23日

午後一時より、予定通り、秋の彼岸会法要をお勤め致しました。

3月のお彼岸は吹雪、8月のお盆は土砂降り、そして、9月20日頃台風発生ということで、「またか」という思いも少し抱いておりましたが、昨日は、これまでの借りを返すかのような、ホントにいいお天気でした

清々しい秋風が吹き抜ける本堂で、法要は滞りなくお勤めでき、法要後の法話では、「団扇太鼓(うちわだいこ)」のお話と、先日登詣して参りました「七面山」のお話を中心にさせていただきました。

お参りされる方も、だいぶ代替わりが進み、お題目の時の「団扇太鼓」の叩き方を今一度、お伝えせねばと感じていたからです

「撃鼓宣令(きゃっくせんりょう)」=太鼓を叩き、法華経・お題目を弘める日蓮宗の宗風についても改めてお話させていただきました

75

「七面山」登詣の詳細は、こちらをご覧下さい。9月10日~12日の日程で、総本山の身延山と法華経の守護神・七面大明神をお祀りしている七面山にお参りしてきました

8月のお盆からこのお彼岸まで、色々ありましたが、ようやく一段落です

といっても、毎年と同じように、まだまだ秋のイベントラッシュは続きますが…。今晩は、早速、10月の国際交流イベント「お寺なう2014」に向けた会議に出席します

ふぅ~。風邪引かないように頑張りますッ<(>_<)>