山門改修工事も、少しずつ進んでおります。

先日、基礎のコンクリートが打たれ、そこに4本柱の礎となる石が据え付けられました。

Image_4

Image_3

少し分かりにくいかもしれませんが、この石の中央に穴が空いていて、ここにアンカー(柱を固定する鉄棒)を入れて、山門の柱が地震でもずれないようにします。

そして、これからいよいよ木工事です。宮大工さんの腕の見せ所ちょっと楽しみです

できるだけ、これからも進捗報告していきます

さて、この改修工事に伴い、古い「山門瓦」を処分することになりました。

ただ、この瓦は、大立寺に古い山門があったことを示す証であり、 また、お家の方で大切に保管していただくのが一番かとは思いますが、 まだ「盆栽の道具」や「たばこ盆」などとして使うこともできますので、 欲しいという方に無償でお譲りすることに致しました。

欲しいという方がおられましたら、大立寺dairyuji@gmail.comまでご連絡下さい。お渡しの方法等は、ご連絡頂きましてから、ご相談したいと思っております。

※数には限りがありますこと、ご了承下さいm(_ _)m

※大立寺でも、数枚は大切に保管していく予定です。