昨日は、一年で最も寒さが厳しいとされる「大寒」でした

そして、今年もこの大寒の日に合わせて、「寒行」を行いました。

今年は、毎年ご一緒させていただいている護国寺の上田上人が、千葉中山で一百日の荒行をされているので、大立寺だけで行いました。

いつもは全体的な体力を考え、護国寺⇔大立寺の往復だけなのですが、

今年は、大立寺の檀家さん一名と二人だけだったので、思い切って、昔お寺で寒行をされていたときとほぼ同じルートで行くことにしました

大立寺を出発し、日ノ岡というところにある題目碑を目指しました。

Dsc04482

日ノ岡の粟田口という場所は、昔々、刑場があったとされています。

この題目碑は、この地で亡くなった方々の供養のために建てられています。

片道約50分の行程

途中、護国寺様にもお邪魔し、ご回向させて頂きました

「護国寺奥様のブログ」をご覧下さいm(_ _)m)

寒行は唱題行脚をします。団扇太鼓を叩いてお題目をお唱えしながら歩きます

お題目と縁の無い方の耳に入り、少しだけでも縁を結ぶ、「結縁」を目的としています。

普段の精進不足ではありますが、あまりお題目が聞こえてこない地域で、お題目を響かせることができたことが何よりでした

18時に出発し、ほぼ休憩なしで帰ってきたときには、20時半になろうとしておりました

山を下り、山を登り、山を下り、山を登りの2時間強でした

いい修行ができたと思います

一緒に歩いて頂きましたYさん、今年もありがとうございました

Dsc04478