先月末、少しお休みをいただいて、2泊3日で屋久島に縄文杉を拝みに行って参りました

その数日前に台風が過ぎ去ったことで、飛行機・フェリーともに動きはしましたが、雨の多い旅となりました

『一年の365日以上が雨』と言われるほど、雨の日の多い屋久島。

覚悟していたので、それほど苦にはならなかったのですが

2年ぶりの『遊びだけ』の旅。前回は、富士山だったので、遊びなのに、なかなか過酷なことばかりしています(笑)体力のあるうちに行きたいと思っていた所なので、今年に行けて良かったです

◇一日目

飛行機で鹿児島へ。

市内散策では、有名な「しろくま」(かき氷)をいただきました。

Img_20150829_103802

Img_20150829_105010

鹿児島から高速船トッピーで屋久島へ。

朝5時出発、14時屋久島着のなかなかの長旅でした。

それから、激安ツアーならではの素泊まり民宿でチェックイン

Img_20150829_145607

レンタカーを借りて、島をほぼ一周

時折激しく雨の降るなか、”滝”を見て回りました。マイナスイオン

Dsc07848

Dsc07864

夜は、島一番の定食屋さんでトビウオと海老をいただきました。

P1000006

Img_0548

翌日の登山に向けて禁酒。9時半には、お風呂に入って準備をして就寝

ワクワク

◇二日目

壁が揺れるほどの雷が鳴る中、3時15分起床

身支度をして、お迎えに来て下さったガイドさんの車で、登山口手前の駐車場へ4時に出発。

そこから登山口まではバスにて移動。まだ真っ暗。

Dsc07874

朝5時20分、傘をさしながら、縄文杉へ向けて登山開始

Dsc07884

2時間強、トロッコ列車跡の線路を進み、

Dsc08005

ようやく本格的な登山の開始。

Dsc07926

山の上に行くに従って、徐々に杉の木が大きくなっていきました。

Dsc07928

Dsc07958

Dsc07959

出発から約5時間後、一緒に行った4人のメンバー全員で縄文杉に無事到着

お・お・き・い~

Dsc07964

7000年以上も前からそこに立つ木に、畏敬の念をいだくとともに、不思議なパワーをいただいた気がしました。来て良かった。。。

ずっと降っていた雨も、縄文杉へ着く頃に見事に上がり、みんなで記念撮影少し霧が出て、とても幻想的な雰囲気でした。

Img_0557

それから少し早いお昼ご飯。島のお弁当屋さんで朝出発時に受け取ったおにぎり弁当。

Img_0558

山の上で飲む温かいお味噌汁は格別でした。そして、おにぎりが美味しかったことは言うまでもありません

帰りは、これで見納めだとじっくり大自然を感じながら、写真をいっぱい撮って、同じ道を帰っていきました

Dsc08034

Dsc07989

Dsc08017

15時、完歩

長年の夢だった『屋久杉』トレッキングが終わりました。

Dsc08071

それから町の人が行く小さな温泉へ

300円。いい雰囲気でした

Img_20150830_173447

夜はついにみんなで乾杯

Img_0564

Img_0573

Img_0568

Img_20150830_211050

島の美味しいものをいっぱい食べて、「三岳(焼酎)」を飲んで、大将ともいっぱい話して、あっという間の楽しい一時でした

Img_0572

◇最終日

島を一日目とは反対向けにドライブ

灯台を見て、

Dsc08091

ウミガメの産卵で有名な浜で夏の音を楽しみ、

Dsc08101

さよなら屋久島。

Dsc08134

鹿児島市内で、再びかき氷をいただいて(笑)

Img_0580

深夜、無事に帰宅。

伊丹空港上空が飛行機で混雑し、15分ほど旋回飛行がありました。少し切ない気持ちになりながら、旅の終わりを『遊覧飛行』で飾ってもらえたようでした

Img_0501

久々のお休み。爽やかな筋肉痛がまだ残っていますが、大自然を満喫し、心は大いにリフレッシュできました

お彼岸がもうすぐやって来ますが、この休息を機に気持ち新たに、これからの少し遠い将来のことを考えていかねばと改めて思うことができました。

思い出深い、そして今後へと繋がっていく、とても素敵な『夏の終わり』でした