ちょいとバタバタしておりまして、報告が遅くなりましたが、今年も母の誕生会を家族3人で、細々と開かせて頂きました。

何かしら鑑賞しに行くのがこの10年来の母誕生会の過ごし方なのですが、今年は最新の映画館で、大画面で映画を観ようということで、二条駅のTOHOシネマズに行ってきました

高解像度の大画面での映像とシアター全方向からの音響
『IMAX』というちょっと豪華な設備で観ることにしました

映画は、評判が良かった『美女と野獣』を観ることにしました
ディズニーアニメで有名な作品ですが、劇団四季のミュージカルを含め、恥ずかしながら、名前しか知らず、内容を初めて知りました

この映画が良かったからか、とても良い作品だったと思います
普通に、感動してしまいました
素直なストーリー展開ですが、何とも言えない安心感を得ながら観ることができ、キュンとして、ホッとして、日頃疲れた身体には、エンターテイメントとして凄く良かったです
母もとても喜んでいました

お食事は、映画が遅かったこともあり、映画館の近くの中華屋さんでいただくことにしましたが、家族みんなで外で乾杯することは年に一度しかありませんので、こじんまりとですが一家団欒できて、こういう誕生会も良かったんじゃないかと思っています

昨年辺りから足の調子が良くなって、姉と旅行にも出かけることが出来るようになりました
これまで、どこにも行かず、ずっとお寺の大黒さんとして支え続けてくれてきた母。
これからは、元気な間に、いっぱい『青春』してもらいたいと思います