ロンドーBLOG

~大立寺お寺内サークルブログ~

このブログは、主に大立寺内サークル『ロンドー』の活動について書いています。
このブログについて詳しくは、『ごあいさつ』をご覧下さい。
また、大立寺については、ホームページがありますので、http://dairyuji.netをご覧下さい。
ロゴ2

2011年04月

立教開宗会と四十九日忌

昨日は、「立教開宗会(りっきょうかいしゅうえ)」でした。

立教開宗会は、建長五年(1253)4月28日に、関西での勉強、修行を終え、千葉の清澄に戻られた日蓮聖人が、法華経を弘める誓願を立てられたことに因んで行われます。

また、同時に、東日本大震災で亡くなられた方の四十九日忌でした。

この四十九日忌には、日蓮宗の全国の寺院で、一斉に法華経、お題目の供養を捧げましょうという運動があったこともあり、私一人だけでしたが、大立寺の本堂で粛々とお経をあげさせていただきました。

日蓮聖人の願いであった、「法華経の流布と仏国土の顕現」(法華経がひろまって、人々が他のもののために生き、互いに平穏に安心して暮らせる国になりますように)を胸に抱きながら。南無妙法蓮華経。

今月のコラムが出来ました!

今月は、「花の供養について」書いてみました

あまり、詳しくは書かなかったつもりですが、またまた結構な量になってしまいました

内容は、それほど難しくないと思います。花をお供えするようになった由来なども書いています。

肩に力をいれずに、さらっとご覧になって下さい

山あり谷あり…

人生山あり谷ありですね。

今朝も野球がありました。

中5日。肩にいささかの張りがある中、今日はさすがに先発は無いかなと思いながら球場へ。

最近は、10代の若いピッチャーも入ってきまして登板が減った私ですので、連投なんて思いもしてないわけで…。

というのは言い訳で、考えの甘かった私が悪かったです、反省o(TヘTo)

みなさん仕事や学業の傍ら野球をされていますので、メンバーはいつも変動します。いつでも投げられますっという気持ちで毎回行かないといけませんね、つくづく反省…。

前回の無四球完封勝利から一転、今日は打ちに打たれて11-4の惨敗でした。こんな日もあります

次も投げさせてもらえるように頑張りますっ

あぁ、こんなことに一喜一憂出来ている現状に幸せを感じております

私事ですが…2

朝晩はまだまだ冷えますが、昼間は暖かい日が多くなってきました。

桜の季節も、もう過ぎてしまい、若葉が少しずつ見え始めました

震災の影響で、まさに自粛が続いていたスポーツ界も少しずつ始まってきました一生懸命プレーする姿は、被災者の方を勇気づけられると信じています

イチローがヒットを打ち、長友がピッチを駆け回り、遼くんがバーディーを決める。普段でも、そのスポーツをしない方でもスカッとするというか、元気をもらえます。先行きの見えない不安な中で暮らす被災者にも、次の未来を切り開こうと努力するスポーツマンのその姿から多くの力が与えられると信じています

私事ですが、私の所属している野球のリーグも、3月の下旬から始まりました。私が野球をしたところで、誰かに力を与えられるわけではないですが、一生懸命プレーしています

昨日、久々の登板で、無四球完封勝利を収めましたとても嬉しいことで、一年に何度もないことですので、ブログに書いてしまいました力は与えられなくても、この喜びが伝わってちょっとでも幸せな気持ちになってもらえたらなと思います。

怒るは地獄。自分が怒っていると周りの人まで不愉快になってしまい、その場全体が嫌な雰囲気、地獄になります。

喜ぶは天。幸せな気持ちで振る舞うと、周りの人も幸せな気持ちになれます。

おこがましいかもしれませんが、どんな時でも、喜びを与えられるような人間になろうと思っています

桜満開!

ただ今、桜満開です

今年も、実に見事に咲いています

Dsc00901_2  Dsc00915 Dsc00920 Dsc00922 Dsc00924 Dsc00941 Dsc00945 いつも以上に感動するのは、当たり前に感謝できるようになったからでしょうか。

この感謝の気持ちをずっと忘れないでいること。これから震災を乗り越えていく中で、決して忘れてはいけないことだと思います。

戦争を知らずに育った私たちの世代は、とかく忘れがちです。常々、法を説いてるはずの私たち僧侶ですら、芯から感じ入ることは少ないのかもしれません。日々、自らを省み、この大切なことを深く胸に刻んでおこうと思います。

最新コメント