さすがは年に数日しかない「晴れの特異日」と言われる11月3日。
週間天気予報の「曇り」を跳ね返し、見事な「秋晴れ」となりました。
DSC06334

お知らせの通り、今年も「御会式&雅楽コンサート」をつつがなくお勤めさせていただきました。

盛大にとは言えないまでも、日蓮聖人の第736回目の年忌法要「御会式」にも、普段来られない方に参拝いただけ、良いご供養ができました。
DSC06355

法要後、日蓮聖人への音楽奉納として始めた、今年で10回目すなわち10年目を迎えた「雅楽コンサート」を開催しました

今回を一つの区切りにしようと思い、昨年から難しいことにチャレンジすることを決めていました。
それは「舞楽」。舞を伴う雅楽です。

曲そのものも難しいのですが、色々と事情があって舞の「映像」に合わせて演奏するというおそらく前代未聞の課題と向き合いましたので、難しさは一際でした
DSC06396

それに追い打ちをかけるように、業者の発注ミスなど想定外の出来事が続き、細かな準備が後手後手となり、本番ギリギリですべての準備を終えることになり、予定していた練習時間も削がれて、バタバタの本番突入となってしまいました
DSC06387

とはいえ、6月からコツコツ準備を始めていたこともあり、10回目という経験と、出来る仲間の助けも得て、本番は逆境に動じることなく見事に全てを出し切れたと思っています
達成感、充実感、感動

最後ということで、過去最多の演奏者をお招きし、打楽器も入れて、贅沢な演奏会にしました。リハーサルから何度もお寺に足を運んでいただき、今回の無茶なチャレンジにご協力していただいた「日蓮宗雅楽会」の皆さま、誠に有り難うございました。
DSC06393

せっかくテレビを用意したので舞以外にも映像を流そうと、過去のコンサートの写真のスライドショーを作成したのですが、何せ10年前、人や物に歴史を感じました。アっと言う間でしたが、変化するには長すぎる時間でした。作りながら少しおセンチになっていました(笑)
思い出

コンサートには、小さなお子さんもたくさん来てくれました
DSC06366

また、老若男女を問わず、多くの一般の方、ご近所さんにもお越しいただけました
DSC06402

こちらも変化はしてきましたが、お手伝いの仲間も今回もたくさん来てくれました。いつもありがとう
DSC06452

ホントに10年もよく続けてこられたなと思います。自分も一生懸命してきたつもりですが、やっぱり色々な「ご縁」と「お陰様」の力だなとつくづく思っています。感謝

来年からは、文化奉納として御会式に花を添えるという趣旨を継承しつつ、また何か新しいことを始めるつもりです。まずは、もう新たに動き出そうとしている「狂言」かな。もしかしたら、私の代になって遠のいてしまっている「修法」かもしれませんが。。。何にしても、また来年の秋にはご案内致します~m(_ _)m