11月3日文化の日、お天気にも恵まれ、予定通りに「御会式 並びに 狂言鑑賞会」を開くことが出来ました。朝から、前日に準備しておいたお供え物の野菜が崩れ落ちるというハプニングはあったのですが(笑)
DSC07803

御会式は、日蓮聖人の第737回忌の法事。
日蓮聖人のご生涯に思いをはせ、報恩感謝のお題目をお唱え致しました
法要後のお話では、年忌法要ということもあっていつもは亡くなる場面を中心にお話するのですが、今年は「日蓮聖人の出生の秘密」についてお話させていただきました
次の準備があるのに、熱が入って少し長く話してしまいましたが、改めて日蓮聖人の偉大さをお伝えできたと思っています

それから、準備と休憩をはさんで「狂言鑑賞会」の開演
今回は、10年続けた雅楽コンサートから新しい企画への第一歩でした。
それこそ文化の日、祝日で土曜日で快晴とあって、そこかしこでイベントが開催される中、お陰様で、満席での開催となりました
DSC07821

今回は、導入ということで、分かりやすい演目の鑑賞後、私が司会となって演者との対談を行い、参加者皆さんには狂言体験もしてもらいましたので、老若男女問わず、楽しんでもらえていたように思います
DSC07827

DSC07842

雅楽コンサートによく来てもらっていた方に加え、新しい顔もちらほら。
当日のビラ配りの効果も感じつつ、思い切って新しいことにチャレンジした甲斐はあったなぁとしみじみと感じられる結果だったと思います
やっぱり「新鮮さ」大事

と言いつつ、もう数年は、狂言を楽しんでもらえるなといういい手応えもありましたが(笑)
最後に募った衣装代のカンパ、想像以上にしていただきましたので
ありがとうございます

狂言鑑賞会は、御会式に際し、日蓮聖人への文化奉納、供養ということで開催致しました。
お寺に多くの一般の方々に足を運んでもらい、手を合わせてもらうきっかけとなったことが何より意義深い「三離れ」の進む現代だからこそ、余計にいい供養になったと思っています

当日の準備から片付けまで、今年も多くの仲間がお手伝いに来てくれました。
Honeyview_DSC07767
毎年、少しずつ顔ぶれは変わっていっていますが、縁が縁を生み、何とか回っていることに感謝感謝です(>_<) 今年もありがとうございました

そろそろ「自分で全部する」というのは限界だなと感じおりました
狂言の公演も含め、「人にお願いする」というのは、大事だと実感する一日でした。
御会式の「芯」だけは外すことなく、その時とその場とその環境に応じて変化しながら、これからもコツコツ続けていこうと思います。