昨日1月16日、コロナ禍ではありましたが、”イベント”のルールを守りながら、何とか無事に師父・本孝院日行上人第十三回忌法要と祖母・温立院妙丈日芳大姉第三回忌法要をお勤めすることができました
S__8192018

お天気は、曇り予報が一転、一時かなりきつく降る雨模様お墓参りがしにくいな~と思っていたのですが、本堂での法要終盤、唱題の頃から陽が差し始め、結局、曇ってはいましたが雨は上がり無事にお墓参りまでできました
実は、父はずっと雨男、祖母はずっと晴れ女。見事に二人そろっての年回らしいお天気でした(笑)
父と祖母の命日は、2009年1月16日と2019年1月16日でぴったり丸10年の違いです。これからの法事は毎回お二人同時になります。母・息子で仲がいいのやら悪いのやら。これからも1月16日と言えばこのような天気が続いたりして(笑)

お寺様は大立寺の後見寺院のお2人だけ。檀信徒も代表して総代さんがお2人だけ。親族も私の家族を含めて極近しい5名だけ。あの大きな本堂にポツポツとだけでしたが、13日に京都にも緊急事態宣言が出されたことを考えると、初めからこれぐらいに絞っておいて良かったと思っています
しかし、少人数とはいえ、写真の通り、たくさんの大塔婆供養をしていただき、お陰様で、このような状況下としては立派な法要ができました有り難い限りです
S__12804224S__12804226S__12804227

檀信徒の皆さまとは、今のところ改めて3月のお彼岸の施餓鬼法要に添えて法要させていただく予定をしております。これもコロナの状況次第でどうなることやら分かりませんが、また近づいてきましたらご案内させていただきます。

何はともあれ、年末年始の行事も一段落し、引き続いての色々いつもと違う気を遣った法事も終わり、全てが滞りなく終えられてホッと致しました😌やっぱり、、、割と、、くたびれました。。。
って、熱でも出そうものなら気が気でないので(笑)、ここでしっかり気を引き締めて、ドリンク剤片手に後片付けも頑張っていこうと思います