ロンドーBLOG

~大立寺お寺内サークルブログ~

このブログは、主に大立寺内サークル『ロンドー』の活動について書いています。
このブログについて詳しくは、『ごあいさつ』をご覧下さい。
また、大立寺については、ホームページがありますので、http://dairyuji.netをご覧下さい。
ロゴ2

告知

「御会式法要」並「雅楽コンサート」のご案内

一雨ごとに秋が深まり、あっという間に長袖がいるようになりましたね
もうすぐ秋のお祭りの季節なので、当然といえば当然ですが

日蓮宗では、この10月から11月にかけて、あたかもお祭りのように「桜」の花を飾ったり、「まとい」を振ったり、「笛」や「太鼓」を鳴らしたりしてお祝いする『御会式(おえしき)』が全国各地で営まれます。
Matoi
Taiko
『御会式』とは、日蓮聖人の年忌法要のことで、日蓮聖人へ報恩感謝の気持ちを示すためにお勤めします。今年で第736回目となります大立寺でも、来月3日に行います。

また、大立寺では、日蓮聖人へ音楽を奉納するという心持ちで、毎年『雅楽コンサート』も行ってきました。こちらは今年でついに10回目になりますしかし、違う可能性を模索すべく、この10回目を期に一度区切りを付けようと考えています。

それで、今年は最後を飾ろうと、太鼓などの打ち物も入れて盛大に、にぎやかにし、なかなか難しくて今まで踏み込めなかった、雅楽独特の舞に合わせて演奏する「舞楽(ぶがく)」に挑戦します


毎年、何かしら新しいことをしていますが、今年は今までで一番冒険的かもしれませんお尻に火が付かないと動かない私が、実は、コソコソ7月頃から準備をしてきたくらいですから

1af59bda
~昨年の様子~


この法要と雅楽コンサートは檀信徒の方に限らず、どなたでも参加して頂けます。一般の方は、雅楽コンサートからの参加でも構いません

大人でも耳にする機会の少なくなった雅楽。小さなお子様やお孫様には、きっと良い経験になることでしょう。

老若男女を問わず、みな様お誘い合わせの上、お気軽にお越し下さいm(_ _)m

以下は、詳細とチラシです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

○日時:11月3日(金、文化の日

    12時より……うどん・そばの粗供養(無料)

    13時より……御会式法要

    14時半より…雅楽コンサート(小一時間)

○場所:大立寺本堂

○その他:

1.雅楽コンサートのみに来られる方は、大立寺庫裡にてお待ち下さい。

2.うどん・そばの粗供養は12時から16時頃まで行う予定です。遠慮なくお召し上がり下さい。

3.駐車スペースあります。

4.以下は案内チラシの画像データです。

  御会式案内(一般用)H29年度

  ダウンロードの上、お友達に印刷して渡すなどご自由にお使い下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

善知識

本日は、少し湿気たものの、2,3日前の天気予報に反してお天気となり、お彼岸の中日のお勤めを滞りなく終えることができました。

毎年思うことですが、「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、どれだけ不順でも、この日を迎えると、気温は落ち着き、日が落ちるのが早くなり、彼岸花が咲きます

逆に、同じままでいるということはとても難しく、どんなものでも否応なしに必ず変化していきます
お参りに来られる顔ぶれも、それぞれに様々な事情で刻々と変わっていきます
嬉しさと寂しさを感じながらその様子を前にして法要後のお話をしている私自身の精神も身体もまた、年々変わっていっているのだなあと思わずにはおれませんでした。それは「一切法空(すべてのものは移ろいゆく)」のお話をしていたから余計にだったのかもしれませんが。。。

今日の法要後のお話のメインは、『種種御振舞御書(しゅじゅおんふるまいごしょ)』という日蓮聖人の御遺文から「善知識(ぜんちしき)」についてでした。極論すると、「気の合わない人、自分に何かをしてくる人ほど、自分に足りない部分を気付かせ、自分を成長させてくれる人(=善知識)である」という内容でした。
そしてそのように思えるためには、「柔和忍辱(やさしい態度で接し、辛いことを耐え忍ぶ)の心」が必要だと付け加えておきました。

自分自身も、この境地まではなかなか到達できないなあと思いつつ、せめてその相手を冷静に受け止めることくらいはできるようにならないと、と思ってお話をさせていただいておりました。
お彼岸は、自分の態度・心を省みることのできる実にいいシーズン(7日間)だと思います

さて、お彼岸が終わると、秋のイベントシーズンの到来です。朝晩が涼しくなってきましたので、風邪を引かないように注意して、順々に準備を進めていきたいと思っております

復活!!

2014年まで開催していた「お寺で日本文化を体感しよう」をテーマにした国際交流イベントが、『Gokan de Japon』という名で、今年3年ぶりに復活します

今年は、終わり、そして始まる年になっています。閉じる縁があり、新たに生まれる縁があります。
今年、友人が起業したことで始まったご縁。新たなご縁に感謝して、素敵なイベントにしたいなと思っております

以下の案内をご覧になって、ご興味を持たれた方は、私dairyuji@gmail.comまたは『Gokan de Japon』担当:三井gokandejapon@gmail.comまで、ご連絡下さい。折り返し、申込フォームをお送りしますので、それにご返信いただきましたら正式な申込とさせていただきます。

たくさんのご参加お待ちしておりますm(_ _)m

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『Gokan de Japon』

■日 時:2017年10月8日(日)
    12:30山科駅集合、13:00開始、18:00頃解散


■参加費:500円

■内 容
1.折り紙体験
2.狂言体験
3.茶話会ディスカッション
4.餅つき体験
DSC04037

■その他
1.通訳をしてもらいますので、日本文化・諸外国の文化に興味がございましたら、英語が不得意な方でも安心して参加していただけます。
2.定員は40名です。お早めにお申し込み下さい。
3.自分は参加出来ないがという方でも、知り合いの外国人、友人にお声掛けしていただければ幸いです。

※より詳しくは、『Gokan de Japon』のホームページhttp://vojaganto.com/GokanDeJapon/をご覧下さい。

9月23日 秋季彼岸会施餓鬼法要のご案内

この数日で、急に朝晩が楽になり、昼間もカラッとして、まさに秋の到来を感じる綺麗な青空が広がっています
梅雨の延長のようなジメジメした夏でしたが、果たしてこれでホントに秋になってくれるのやら。。。

さて、当日も今日のような秋晴れになってくれることを祈りつつ、彼岸会施餓鬼法要のご案内です。今年もお彼岸の中日、9月23日に営みます。

お彼岸(9月20日~26日)の一週間は、仏道修行・先祖供養を特に励む期間です。

どうぞ、ご家族そろって、お参り下さいますようご案内申し上げますm(_ _)m

28

※日 時:9月23日(土、秋分の日)13時から

※場 所:大立寺本堂(全席椅子席、エアコン完備)

※持ち物:緑の表紙のお経本・紅い表紙の『日蓮大聖人のお言葉』(お持ちでない方はお貸しできます)、お経本入れ、お数珠、お袈裟

ようやく落ち着きました。。。

お盆のお施餓鬼が終わり、早一週間が過ぎ去りました。
もう地蔵盆まで終わってしまいました

今年のお盆は、前半スムーズに進んでおりましたが、10日に居間のエアコンが壊れたあたりから流れが変わり、お盆中に急な法務が2軒も続き、小中学生向けのサマースクール『修養道場』では司会を務め、本日まで怒濤の日々を過ごしておりました

お陰様で、本日、新しいエアコンが入り、ようやく何かと落ち着いた感じです
お寺の楠が、季節外れに落葉しているのが少し気がかりですが

16日の盂蘭盆施餓鬼法要は、初盆の方も多く参拝され、大勢でご先祖さまを送ることができました。
お盆という点では、大きなトラブルもなく、すべての行事を終えられ、大変有り難かったです。
お参りされる顔ぶれがどんどん変わっていく様子には、嬉しさとともに少しの寂しさを感じます。
時がもの凄いスピードで流れていきます

修養道場は、今年から青年会会員の減少で、1泊2日とコンパクトになり遊びの要素が少なくなりましたが、それにもかかわらず40名という定員いっぱいの子ども達が参加して、執り行うことができました。
コンパクトにした分、内容が凝縮されて、個人的には、とても良いイベントになったと思っています
IMG_1825

今年は、3年ぶりに国際交流イベント『お寺なう』改め『Gokan de Japon』が10月に開催されることになり、秋も各行事でバタバタすることになりそうですが、今月いっぱいはお盆のまとめをしながら少し休むつもりです

あ~、エアコン、ありがたや~(>_<)
最新コメント