ロンドーBLOG

~大立寺お寺内サークルブログ~

このブログは、主に大立寺内サークル『ロンドー』の活動について書いています。
このブログについて詳しくは、『ごあいさつ』をご覧下さい。
また、大立寺については、ホームページがありますので、http://dairyuji.netをご覧下さい。
ロゴ2

告知

「H29竹の子掘り+焼き芋大会」のご案内♪

も多くすっきりしない日が続きますね
3月の気温が少し低く、桜も10日程遅かったようで、今年は不作で高騰しているというニュースも耳に入ってきておりますが、この逆境にも負けず、今年も「竹の子掘り&焼き芋大会」開催致します

ここ数年、豊作の年、不作の年を隔年で繰り返していて、今年は、何と、上記のバッドコンディションに輪を掛けるように、不作の年の予定なのです
ですから、昨年の豊作がウソのように、今年は1本の宝を探し当てるような竹の子掘りになるはずです

まあ、今年も「焼き芋」も行いますので、竹の子は採れなくても、焼き芋片手に、春の風を感じながら、みんなでワイワイやりましょう

イベントの前には、お釈迦様のお誕生日「花祭り」の法要も行います。
毎年、大立寺では、本当のお誕生日4月8日の一月遅れでお勤めしています。それからすると少し早いですが、色々な人たちと一緒に、お誕生日祝いをした方がお釈迦様も喜ばれると思い、あわせて行わせていただいております。

「竹の子掘り&焼き芋大会」の詳細は以下の通りです。都合の付かれる方は是非ご参加下さい

a106378a
~昨年の集合写真~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
日 時:4月29日(土、昭和の日、祝日)13時から
場 所:大立寺(裏山で採れます、ガレージあります)
持 物:長袖長ズボン(着替え)、帽子、タオル、軍手、長靴
参加費:300円
参加方法:焼き芋の本数を把握するため、一週間前(4月22日)までに、直接住職に連絡して頂くか、dairyuji@gmail.comにメールをして下さい。

<その他>
①雨天中止
②今年も、イベントの初めに「花祭り」の法要を参加者と一緒に行います。
③今年は、全員には竹の子が行き渡らない可能性が高いです。焼き芋は人数分ご用意致します
④竹の子が採れなかったら、こちらも前述のように、焼き芋片手に、ほのぼのとお話をして過ごす予定です
⑤お気軽にお友達も誘ってご参加下さい。お子様連れの方も大歓迎です
また、参加者の人数が少なければ行くとか、竹の子が採れそうなら行くとかの条件付き参加でも構いません。その場合はその旨も記載してご連絡下さい~。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いい御縁がありますように(笑)

一昨日まで、今年も書道展に作品を一つ出させていただいておりました。

毎年、思い付きで字を決めて、その言葉のイメージでどのように書くか決めているのですが、それを簡単に許してもらえる先生に感謝しております。フリーダム万歳(笑)

今年は、そろそろいい御縁がありますように、
ということでもないんですが(笑)
「縁」という字を書かせていただきました。

この「ロンドー」もそうですが、色々なものが不思議なご縁で繋がって輪になっていくことが好きな私ですので、「縁」を大きく丸く書いてみました 

これは全紙の半分ですので、結構大きなサイズです。筆も持っている一番大きなものを使い、ノビノビとかつ繊細に書いたつもりです。いかがでしょうか?
画像が小さくて分かりにくいかもしれませんが、 つくりの方の下のハネが丸く上に綺麗に上がっているところが見どころかと思います
S__10682370

ちょっと禅寺のように、床の間にでも飾ってみようかと思っていますので、お寺にお越しの際は是非ご覧下さい~。 

水のごとく

昨日のお天気とはうってかわって、今日は一日しっぽりと雨が降りましたね。
昨日は、春を感じる陽気のなか、春季彼岸会施餓鬼法要をお勤め致しました。
法要の最後には、東日本大震災物故者の方々の第七回忌のご回向もさせていただきました。 

外に出やすい気候もあってか、昨年よりも参拝者が増え、法要のたびに少しずつその顔ぶれが変わってきて、徐々にですが世代交代がいい方向に進んでいると感じます

欲を言えばキリがなく、過ぎ去った昔に思いを馳せても意味がなく、『諸行無常』は如何ともしがたい”理”で、しっかりと移ろい行く現実を受け止めていかないとと反省するお彼岸です
こういう自省こそがお彼岸に行う仏道修行で、お題目『南無妙法蓮華経』の実践なのだと思います。

法要後は、先日の東北での慰霊行脚・法要出仕の報告を致しました
『信仰』がそうであるように、「常に絶やさず続けていく」ことがとても大切だということを、自らの東北での実感とともに、日蓮聖人の御遺文『上野殿御返事』の一節も引きながら、お話させていただきました。

「或いは火のごとく信ずる人もあり、或いは水のごとく信ずる人もあり。」
熱しやすく冷めやすい火のような信仰ではなく、途切れず大河のように持続する信仰が尊いと仰ったお言葉です。”水のごとく”です。
 
その後、ペット墓などこの数ヶ月の報告とお寺の会計報告をして、
この法要を機に新たに始めることにしました『信行会』のお知らせをしました。
 
不定期で、まだ一回目の日時も決まっていませんが、唱題行や書写行、団扇太鼓の練習を行い、その後短い時間ですがサロン形式でおしゃべりをするという会になればと考えています。御供えや参加費等は不要で、檀信徒未信徒問わず、誰でも来ていただきやすい会にしようと思っています。

それで、私の方も気楽に開催できるように、ご案内を簡易化しようと、パソコンか携帯電話のメールアドレスを登録してもらくことに致しました。あくまでメールができる環境にある方だけですので、メールアドレスの登録をされない方も含め、基本的にはこれまで通り、ご案内をポストに投函させていただく予定はしております。

昨日の法要に来られなかった檀信徒のみな様には、これから随時、直接お尋ねしていこうと思っております。このブログをご覧下さっている檀信徒の方で、昨日来られなかった方は、dairyuji@gmail.comまでお名前だけ添えて、メールいただけたらと思います。
 また、このブログをご覧下さっている一般の方で、信行会等の連絡が欲しいという方は、同じくdairyuji@gmail.comまで、お名前と連絡が欲しいという旨を添えてご連絡下さい。

暑さ寒さも彼岸まで。これから色々なものが芽吹いてきます
少しずつではありますが、お寺としてもこれから新しいことを始めていこうと思います
S__10575874

3月20日 春季彼岸会施餓鬼法要のご案内

3月に入り、日が随分と長くなったように感じます
気象予報士が「ジェットコースターのよう」と例えるほど日ごとの寒暖差が激しいですが、
三寒四温でみごとに春になっていくのでしょうね。

さて、年が明けてあっと言う間に、春のお彼岸のご案内です。
お彼岸(3月17日~23日)の一週間は、仏道修行・先祖供養を特に励むとき。
その中日の3月20日、大立寺では彼岸会施餓鬼法要をお勤め致します。
どうぞ、ご家族そろって、お参り下さいますようご案内申し上げますm(_ _)m

なお、今年は東日本大震災から丸6年。7回忌に当たります。簡単にではありますが、法要の最後にご参拝のみな様とともにご回向させていただこうと考えております。

3a155e9a
※日 時:3月20日(月、春分の日)13時から
※場 所:大立寺本堂
※持ち物:緑の表紙のお経本、紅い表紙の『日蓮大聖人のお言葉』
 (お持ちでない方はお貸しできます)、お経本入れ、お数珠、
 お袈裟

※この施餓鬼法要にはどなたでも大塔婆をご供養することが
 できます(1本3千円)。
 3月13日頃までにメールdairyuji@gmail.comまたはお電話
 にてお申し込み下さい。
 塔婆については、こちらをご覧下さい。

ペット供養墓地、完成!

昨日、境内の墓地に、ペット用の納骨スペースを作りました
山務員さんと作った完全にお手製のスペースです

securedownload2

securedownload

これまでにも何件かペット供養の相談を受けたことがありましたので、外掃除の楽なこの時期に思い切って作ることにしました。

人と同じスペースだと気にされる方もおられますので、境内墓地の一番奥で、溝を隔てた山手のスペースを利用しています。

ペット型の墓石があるとかそういうものではありませんが、古典的なお墓として、合祀ではなく、一体ずつ土に還してあげらるようにしました

特に制度化する予定もありませんので、供養の方法や程度、墓石や墓標の建立、御布施などは、その都度、施主様と相談して決めさせていただこうと思っています。ペットのお骨を納めるところがなくお困りの方がおられましたら、一度お気軽に相談していただけたらと思います
最新コメント